ニキビ跡を治療でなくそう|なかなか消えないニキビにアタック

案内

美容外科のにきびの治療

顔に照射

大阪の美容外科でにきび治療を受けると、化膿している赤にきびを治療することができる。クレーター状になっているにきび跡も治療することが可能で、にきび跡がスベスベの美肌に変わる。大阪の美容外科のにきび治療では、ケミカルピーリングと光治療の人気が特に高い。

View Detail

ニキビに残る跡

女性

ニキビはなぜ跡が残るのか

ニキビ跡とは、ニキビが治った時にできてしまう跡の事で、赤みが肌に残ってしまったり、クレーターができてしまったりします。実際に病院などへ行く前に、ニキビ跡についての原因と治療法を覚えましょう。赤みが肌に残る原因は「毛細血管が透き通って見える」からです。ニキビで傷ついた肌を治そうと、集中的に毛細血管が増えてしまい、その結果ニキビ跡として残ってしまいます。クレーターができる原因は、肌の角質層の下にある「真皮が傷ついてしまう」からです。膿を持つほど酷いニキビが治療できた後、患部が沈没してしまい、クレーターのニキビ跡ができてしまいます。真皮は、一度破壊されると再生することは無いので、完全に治療するのは非常に難しいです。

おすすめはレーザー照射

おすすめできるニキビ跡の治療法はレーザー照射です。おすすめできる理由は「化粧水などよりも治せる確率が高い」のと「跡が残りにくい」からです。赤みが残ったりする場合は、化粧水などでも治せるのですが、クレーターなど治せないものもあります。基本的にレーザー治療は保健が効かないため、料金が高くなりがちです。しかし、この先しばらく付き合わなければいけない肌なので、多少高くてもレーザー治療をする価値は十分にあります。レーザー治療について調べてみると、幾つか種類があることに気が付くと思います。その中で僕がおすすめするのはフレクセルレーザーです。理由は、1か月に1回のペースで4〜5回通う必要がありますが、手術跡が残らないうえ、治療時の痛みもあまりないからです。

お肌に現れるニキビは、若い世代に多い悩みの一つです。しかし、近年は生活リズムが乱れやすくなっているため世代を問わず多くの人がニキビに悩まされているのです。女性にとってはニキビが発生してしまうことは美容にとって非常にマイナスとなってしまうことでしょう。ニキビがお肌に存在していることで得られるメリットなど存在しません。できるだけニキビ跡として残ってしまわないように、適切なケアを行なうことも重要なことなのです。

肌のでこぼこは治療できる

鏡を見る人

にきびが治った肌には、にきび跡が残ってしまう可能性があります。これがあることでコンプレックスに感じる人も多く、自然に治ることはないので余計に悩んでしまいがちです。しかし、にきび跡のためのレーザー治療を受けていくことで、でこぼこした皮膚の表面も次第に目立たなくなってくるようになります。

View Detail

にきびの跡を消す方法

照射

にきびによって起こることがニキビ跡です。この場合に陥った場合はクリニックの力が必要となります。今現在、京都には多くのクリニックのお店が建っているため選べます。そのクリニックで話題とされる治療はフォトフェイシャルです。

View Detail